十夜念仏法要

13時より本堂にて十夜念仏法要が檀信徒のみなさまと共に厳修されました。

元々南浦和駅の周りは大谷場地区として農家で栄えた村でした。

秋の収穫に感謝して村のご本尊に奉納するというのが十夜念仏の始まりのようです。

地元に根付いていた浄土宗の教えを農家の方々が守り、現在にそのまま名前ごと引き継がれている行事です。

最近では各ご家庭で食す分のみの畑が残されているのが現状のようです。

それでも採れたお野菜を持ち寄って下さり皆んなで感謝しました。

お寺の役目としてこの年中行事をしっかり守っていかなかればとの思いです。

今日もありがとうございました。 合掌