集まる つなぐ 学ぶ 祈る

 宝性寺では、お寺を「集まる」「つなぐ」「学ぶ」「祈る」場所として捉えています。遺骨が葬られている場所、お葬式をするところという考え方に囚われることなく、仏様がいる場所というだけではなく、生きた人々が集い・つなぎ・学び、祈るところと位置づけ、生きたお寺を目指しています。