道のともがきの寺 宝性寺

 御詠歌に ”道のともがき広めなん” という詠(うた)があります。

 

 『道のともがき』とは何でしょう?  宝性寺では信仰を考える上でその ”道” をたいせつなものと考えて活動しております。

 

 『道のともがき』とは ”安らかなる心を求めて共に生きていく道” のこと。宝性寺はそれを探す寺づくりを目指しております。

 

 世の中には多くの生きる学びの心得として道(みち)が説かれています。聞いた事のある道には茶道・華道・武道などがあります。宝性寺では仏道、御詠歌の道として詠歌道を皆さまと共に生かされる学びとして実践行動して参りたいと思っております。

 

  “祈りって何だろう?  忍耐って何だろう?”  などのシンプルでありながら、とても奥深さある疑問などから 仏さまの道、すなわち仏道へ歩み寄れるよう檀信徒のみなさまに寄り添い考えたいと思っております。 しかしそうは言っても、みなさまのもつ疑問や悩みへの共通の答えは経験不足により持ち合わせていないことがほんど。

そのような中、当寺には様々な人生経験を持つ方が多く集まってきてくださっております。そのお仲間がもしかしたら、貴方のお悩み解決に関わるお知恵をくださる存在になるかもしれません。


それが "信仰の恩恵 "ではないかと考え、どなたさまでも気軽にお立ち寄りいただける行事を行うことを心がけております。


 私どもが信じている  ”信仰がある人生は素晴らしいな”  という願いに少しでも歩み寄っていただけますよう 人生の道の休憩所としてお立ち寄りくださいましたなら幸いです。

 

当寺はいつでも門戸を開きお待ちしておりますのでどなたさまも気軽にお越しになってください。

合 掌