11月写経・写仏の会

来月予定しているウクレレ奏者に会終わりに奏でてもらいました。
本日は49名がお越しになり、2フロアに分かれスタッフ総勢54名でお勤めをしました。

本日、住職からは最近、耳にする「一線を超える、超えない」の「一線」について、何だろうという話、そしてそれは般若心経に説かれている"薀"という言葉から最近の話題を捉えてみて考えてみませんかという話をされました。

興味のある方は"五蘊"とインターネットで検索してみるとそれはそれで個々の考えと結びつくものがあるかもしれませんのでどうぞ。

本日は久しぶりに2フロアに分かれるほど多くの方にお越しいただきました。初めての方もお越しいただき、いつも通り智山勤行式の読み方の説明から始まりました。

1階の様子を確認する2階のモニターがちょうど修理中でして、2階でお勤めされた方には少しご不便をお掛けしましたが、何卒ご容赦いただければと思います。

そして会が終わりお茶の時間に、来月本堂にて予定しているウクレレ演奏会の奏者の先生が打ち合わせにお越しになっていたので、お願いしBGMを奏でていただきました。

お越しになっていらっしゃる皆さまは色々とアクティブに活動されておられる方が多く、やはりといいますかウクレレを習われている方もいらっしゃり話の華を咲かせておられました。

宝性寺はそれを見て伝えていくのが大切な役目と思っております。どうぞみなさまに素敵なご縁が広がりますように。

本日も多くの方にお越しになっていただきありがとうございました。

来月は今年最後の写経・写仏の会です。
どなたさまも気軽にご参加ください。
本日もありがとうございました。 合掌