令和5年春彼岸会厳修

13時よりお集まりの皆さまと執り行いました。
令和5年3月18日(土)13時〜
春彼岸会

本日はお彼岸の入りの日です。

宝性寺総代、遍照講、檀信徒、永代供養縁者方々ご参集、ご唱和により令和5年宝性寺春彼岸会が厳修なされました。

智山勤行式、同行和讃、彼岸会和讃をお唱えし各尊霊、ご先祖さま方々へのご供養をいたしました。

例年ですと法要後は塔婆供養なされた卒塔婆を永代供養堂、慈しみ庭苑へお供えするのですが、本日は激しい雨が降っていたので翌日以降にお供えお勤めさせていただきます。

今年の法要は初めてご参加いただいた方もおられ、皆さまの想いに触れ合う中で宝性寺のご本尊へ今年の祈りをお手向けいただきました。

この法要にご参加されなかった方もご安心ください。
本日のお集まりの皆さまが宝性寺とご縁をもたれたあの時と変わらぬ、皆さまの仏さまを想われ深められたお経や御詠歌で、今年も春のお彼岸で亡き御霊へお供えいたしました。

皆さまの想いが詰まったお経が手代わりとなり彼岸供養がなされました。

お彼岸は仏さまのおられる世界と1番近くなると、信仰により伝えられてこられた週間です。
この1週間でまたご先祖さま、大切な仏さま方々と会えると信じて、話を聞いてくれてると信じてお墓で手を合わせていただきたいと思っております。

きっとこれから過ごすお時間に安らぎを持たせてくださると思っております。

本日も多くの方がお墓参りにお越しになっております。
宝性寺では皆さまの想いを大切に守り繋いでいかせていただきたいと思っております。

今年も無事に宝性寺彼岸会へは執り行われましたので、宝性寺檀信徒、ご縁ある永代供養関係者の皆さまへのご報告とさせていただきます。

皆さまが少しでも多くの安らかな想いて包まれますことお祈りいたします。

合掌