南浦和宝性寺住職

宝性寺住職が第49回密教教化賞というたいへん栄誉ある賞を宝性寺住職が受賞させていただきました。平成29年10月2日 宝性寺住職が大覚寺に於いて密教教化賞授賞式があり、その時の模様は こちら です。

 

日頃より檀信徒のみなさまと接する事、共に生かさせていただく事を念頭に活動させていただいております。小さな町寺の住職がいただくような賞ではないのですが、たいへんありがたいことにこれまでの活動を見ていて下さった方々により、このようなたいへん栄誉ある賞を頂戴いたしました。


本当にありがとうございます。これまでご指導いただいた皆々さまに衷心より御礼申し上げます。

 

これからも微力ながら町寺の住職として、襟をただしスタッフ一同で檀信徒のみなさまのお智慧と共に歩ませていただきます。

 

本当にありがとうございます。 合掌

仏の道とは何でしょう

ー 副住職のブログ ー

はじめに

このページのお断りとして、副住職が空手道場をやっているとか空手勧誘などお知らせではございません。ましてや副住職の経験、経歴をひけらかすつもりなど毛頭ございません。

上の写真は宝性寺ホームページ制作を手掛けてくれた印刷デザイン本舗の社長さんが、新品の一眼レフカメラでの撮影に際し、色々なバージョンでとの好意により撮影していただいた記念の写真です。

色々な”道”は一つの道に通じているのではないかという考察からこのページがございます。何卒寛容に眺めていただければと思います。

一つの”道”を歩むと色々な制限や時には厳しく律せねば通れないこともある。
その道の歩み方が、世の中の方の持つ僧侶のイメージに近いのではないかと感じております。

僧侶だって人の子です。ましてや色々な誘惑もあり世間の持つ僧侶像とはかけ離れた部分も多く、日々悩み考えているのが実状です。

その中、何かに真剣に向き合ってみるというのに副住職は武道も一つの選択とし、色々な角度で見識を深めたいと歩んでおります。
それぞれのライフスタイルがある昨今、人生という歩む道に正解はない。ただその中選択した武道の道で仏さまと向き合う学びを求めてから、様々な貴重な経験をさせていただくことが増えました。これはもしかしたら発想が逆かもしれません。つまり好きな道を歩んでみたら仏さまの教えの学びがあったと。

そしてチャンスともいえるお声掛けをいただけるようになり人との繋がりの不思議さに感謝の深さが増しこれが祈りと繋がっているのではないかと思えることが増えました。

その感謝、祈り答え探しに、一生懸命に今を生きるという当たり前のテーマで宝性寺では仏の道と真剣に向き合いみなさまと考えて参りたいと思っております。
▲副住職と家族が平成29年2月22日の埼玉新聞朝刊に空手道のことで掲載していただきました。

▲久光製薬サロンパスのCMに副住職(右)が出演させていただきました。(2016)

▽youubeでのその時のCM動画

副住職のブログ

2019年

2月

03日

福は内

分かりますかな?

宝性寺では今回は1人豆まきをしました。
大きな声で福は内ー!

お豆は落花生。

拾って仏さま達に福のお裾分けとしてお供えしました♪(^-^)